鼠径ヘルニアに詳しくなりたい方は必見です

お腹に触れる人

病院で治療を受けよう

鼠径ヘルニアにはどのような治療法があるのか気になるでしょう。この記事では、鼠径ヘルニアの治療方法を詳しくまとめています。気になる方は確認することをおすすめします。また、病院で行なう検査についても記載があるので、それもぜひチェックしていくと良いですよ。

READ MORE
病院

気になる手術のアレコレ

鼠径ヘルニアの手術では、麻酔を使用するのであまり痛みは発生しないと言われています。このように手術に関する情報について知りたい方は、ここを確認しましょう。発生する痛みの他にも、処方される薬や術後の様子などを紹介しています。

READ MORE

鼠径ヘルニアに気を付けよう!

あまり聞いたことが無い病名だと思いますが、鼠径ヘルニアは大人や子供も発症してしまう恐れがあり、年々患者数が増加しています。鼠径ヘルニアは腸の一部や腹膜などが足の付け根からポコッと飛び出してしまいます。脱腸とも呼ばれており、気を付けていきたい病気でしょう。

気になる!鼠径ヘルニアに関する疑問

なんで発症するのですか?

主に年齢を重ねるごとに筋力が低下してしまって、鼠径ヘルニアになる人が多いです。筋力が低下すると鼠径管の入り口がゆるくなってしまい、その周辺に隙間が発生してしまうでしょう。その隙間から腸の一部などが飛び出してしまうのです。

どのような人がなりやすいですか?

子供が発症する場合は先天性が多くて、成人してから発症するには筋力の低下がほとんどです。腹圧がかかるような立ち仕事や、お腹に力を入れることが多い便秘症の人、肥満などが鼠径ヘルニアになりやすいと言われています。

[PR]

行徳で腰痛治療を受けよう
人気の高い専門医院を厳選紹介 下肢静脈瘤の手術を受けよう
足の凸凹が解消できる♪

発生する症状を確認する

白衣の人

初期症状

鼠径ヘルニアの初期症状ではお腹に力を入れる、立ち上がるなどをした際に足の付け根が膨らんでしまうのが特徴です。膨らんだとしても、初期の段階では痛みが発生しないのでここで放置してしまう人が多いでしょう。もし、足の付け根に謎の膨らみがあったら、この段階で病院に行くことが大事です。

症状を放置すると…

足の付け根に発生している膨らみの症状を放置していると、徐々に痛みが発生してしまいます。そして、「お腹に突っ張りを感じる」「長時間立っているのがきつい」「腹痛が発生する」など感じはじめたら、すぐに医師に相談するようにしましょう。この症状も放置してしまうとカントン状態になり、余計に状態が悪化してしまうので注意が必要です。

広告募集中