病院で治療を受けよう|鼠径ヘルニアの症状や原因を細かくチェック!【手術で治していこう】

病院で治療を受けよう

お腹に触れる人

鼠径ヘルニアの治療法

鼠径ヘルニアになってしまうと手術をして治療をしていきます。腸の一部が飛び出てしまった状態は手術でしか治すことが出来ないので、それを把握しておきましょう。なお、たまにヘルニアのサポーターやベルトなどで痛みを軽減させていくこともあります。

手術の種類

鼠径ヘルニアの治療で行なわれる手術は主に「バッシーニ法」「メッシュ&プラグ法」「腹腔鏡での手術」があります。選択する手術によっては、日帰りで受けることも可能となっています。症状の状態などによって、医師と相談しつつ受ける手術を選択していきましょう。

子供が発症した際の治療法

子供が鼠径ヘルニアを発症してしまうことは珍しくありません。子供の場合は先天性で発症していることが多いです。先天性ですが、成長すると筋力などが付いてくるので自然に鼠径ヘルニアが治るケースがほとんどなので、大人と異なって手術はあまりしません。

鼠径ヘルニアを確認するための診察や検査

超音波検査

鼠径ヘルニアの診断は簡単と言われていますが、実際にどのような検査を行なうのか見てみましょう。まず、超音波検査があります。鼠径ヘルニアの診断をするために、腹部超音波検査を実施していきますよ。

CT検査

鼠径ヘルニアは「外鼠径ヘルニア」「内鼠径ヘルニア」「太腿ヘルニア」の3種類があり、そのうちのどれかを診断するためにCT検査を行なっていくでしょう。基本的に足の付け根部分の画像を取り、診断をします。

触診や視診

医師が直接患部に触ったり見たりもして、鼠径ヘルニアかどうかを確認していきます。この触診と視診によって、鼠径ヘルニアの状態などを診断していくでしょう。このように、病院では検査などをして総合的に鼠径ヘルニアかをチェックします。

広告募集中